Split(スプリット)機能をミュージックビデオ配信でもご利用いただけるようになりました

2021/05/27

 
いつも TuneCore Japan をご利用いただきありがとうございます。
 
「Split(スプリット)」がミュージックビデオ配信(Video Kicks ビデオ配信サービス)でご利用いただけるようになりました。これにより、音楽配信と同様に、ミュージックビデオを配信・販売し、その関係者で収益分配が可能になります。
 

Split(スプリット)とは?

作品に関わったアーティスト・フィーチャリング・プロデュース・ディレクション・レコーディング・ミキシング・マスタリング・リミックス・レーベル・マネージメント・エージェント・プロモーション・アートワーク・ビデオ・作詞・作曲・編曲・訳詞・演奏を行った関係者へ、楽曲の収益を自動で分配できます。設定は分配したい相手のメールアドレスと%を入力するだけ。コラボレーター側は承認するだけで収益を受け取ることができ、自身が関わる楽曲の速報レポート・確定レポートを閲覧することができます。
 
■ スプリットが確定されると
・速報レポートの共有は、1~2日後より有効になります
・確定レポートの共有・販売収益の分配は、翌月反映分より有効になります(9月中に確定した場合、10月反映分より開始されます)
 
スプリットのご利用はこちら
 
 

Video Kicks ビデオ配信サービスとは?

Video Kicks は、ミュージックビデオを iTunes, Apple Music, LINE MUSIC, レコチョクMUSICストア, Tencent, dミュージック や GYAO!など、世界100ヵ国のビデオ配信ストアで配信/販売できるサービスです。音楽配信と同様、アカウントの「レポート」および「残高」にビデオ配信収益を反映します。
 
ミュージックビデオ登録はこちら
 
 
 
 
その他、当サービスの内容やよくある質問、アーティスト・クリエイター活動に纏わるTIPSなどの情報を提供していますので是非ご利用ください。 
 
ヘルプセンター
 
THE MAGAZINE | ストリーミング時代の音楽メディア
 
今後とも TuneCore Japan をよろしくお願いいたします。