サニーデイ・サービス、未配信音源11タイトルが全世界一斉配信スタート!

2015/07/09

 
サニーデイ・サービスがやってきた!
 
1994年にメジャーデビューして以来、90年代を代表する偉大なバンドの1つとして、今もなお多くのミュージシャン・リスナーたちに影響を与え続けている『サニーデイ・サービス』。
 
 
 
そして今回、TUNECORE JAPAN でその配信をお手伝いさせて頂きました!
 
今回リリースされたのは、サニーデイ・サービス第1期(レコード会社ミディ在籍時)の作品たち。
 
・『若者たち』(1995年)
・『東京』(1996年)
・『愛と笑いの夜』(1997年)
・『サニーデイ・サービス』(1997年)
・『24時』(1998年)
・『MUGEN』(1999年)
・『LOVE ALBUM』(2000年)
 
<若者たち(1995年)>
 
<東京(1996年)>
 
1994年にメジャーデビューし、2000年の一時解散まで6年分の歴史がギッシリ詰まったオリジナルアルバム7枚。そしてさらに、ベスト盤・ライブ盤も同時解禁です。
 
・『FUTURE KISS  LIVE RECORDING AT 宝陽幼稚園』(2000年)
・『BEST SKY』(2001年)
・『BEST FLOWER  - B SIDE COLLECTION』(2001年)
・『サニーデイ・サービスBEST1995-2000』(2013年)
 
<サニーデイ・サービスBEST1995-2000(2013)>
 
<FUTURE KISS  LIVE RECORDING AT 宝陽幼稚園(2000)>
 
未配信音源の総数は、なんと11タイトル!
 
昔からのサニーデイ・ファンにとっては予期せぬタイミングでの嬉しいプレゼント。これからサニーデイを聴く人たちにとって、海の向こうに住むファンにとっても、彼らの素晴らしい音楽に触れる新たな機会になりそうです。
 
中でも特に、ボーカルの曽我部恵一さんによるベスト選曲と、未発表テイクやレア・トラックで構成された『サニーデイ・サービスBEST1995-2000』と、東京都内の幼稚園園庭で行なわれたミニ・ライヴをメンバーの強い意向で音源化した珍盤(?)『FUTURE KISS  LIVE RECORDING AT 宝陽幼稚園』なんかは、サニーデイ好き必聴ですね。
 
 
日本の音楽を世界へ!
 
それにしても、サニーデイ・サービスをお手伝いする日が来るとは。。。嬉しいです。彼らの名盤『東京』を聴けば、青春時代の記憶が蘇ってくる人もきっときっと、多いはず。
 
今週末は久しぶりに『青春狂走曲』でも聴いて、しばらく会っていなかった青春を共に過ごした旧友に再会するのもいいかもしれませんね。『そっちはどうだい うまくやってるかい こっちはこうさ どうにもならんよ』なんて言って。
 
 
今回のサニーデイ・サービスもそうですが、世界中の人たちに聴いて欲しい日本の音楽は、まだまだ、まだまだ沢山あるはず。TUNECORE JAPAN、そんな日本の素晴らしい音楽を世界へ届けるべく、ますます頑張ります!
 
サニーデイ・サービス、ダウンロードはコチラ♪ 
 
サニーデイ・サービス
曽我部恵一(vo,g)田中貴(b)丸山晴茂(dr)からなるロックバンド。1995年『若者たち』でアルバムデビュー。「街」という地平を舞台に、そこに佇む恋人たちや若者たちの物語を透明なメロディで鮮やかに描きだしてきた。その唯一無二の存在感で多くのリスナーを魅了し、90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げて以来、ライブ、野外フェス、オリジナルアルバム制作と精力的に活動中。